舞鶴市立若浦中学校

多々見市長の
ふるさと舞鶴講義    
4月27日(水)


  中学生が舞鶴のよさについてもっと知り、将来への夢や展望を持つための「ふるさと舞鶴講義」を2年生の生徒たちが受講しました。奇しくも、25日には、文化庁による【日本遺産】「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~ 」の認定発表があったばかりです。
 市長による舞鶴の魅力発信と併せて、ご自身のお母様からのお言葉や学生時代の逸話等は、生徒の心に深く刻み込まれました。受講後の感想から、「人と人との関わり、仕事をする(生きる)ことの意味とふるさとを愛することの本質は、それぞれ別のものではないのだな」と感じた生徒もいます。
 大変ご多用な中貴重なお時間を頂き、ご指導くださいまして誠にありがとうございました。





 保護者の皆様にご賛同いただきました、“熊本への義援金”を生徒会より多々見市長に直接お渡しすることができました。