舞鶴市立若浦中学校

ウズベキスタン共和国駐日大使との交流
  11月14日(月)  

 今年1月には、ウズベキスタン「日本人抑留者資料館」館長ジャリル・ルスタノフさんらの舞鶴引揚記念館訪問をうけて、交流会に参加させていただきました。
 今回は、ファルフ・トゥルスノフ駐日ウズベキスタン共和国大使が、2020年開催 東京オリンピックのホストタウンに登録された舞鶴市の視察に際して引揚記念館を訪問され、交流会が開催されました。 
 本校を代表して生徒会中央委員のメンバーが交流会に参加しました。トゥルスノフ駐日大使に若浦中学校からのメッセージをお伝えしました。また、今なお、同国の家庭で「あなたも、日本人のようになりなさい。」と語り継がれる、ナボイ劇場等の建設に携わった抑留者の逸話にちなんで「木でつくった人形」をプレゼントしました。